情報系の学生におすすめの職種を理解し、万全な就職対策を進めておこう情報系学部で就職活動中の学生必見!目指せる職種や年収を解説

最終更新日:2021年9月15日

情報系の学部に所属している学生の中には、就職先に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。情報系の学部で学ぶ内容には、現在多くの企業がIT化を進める上で必須の知識が含まれています。そのため、情報系の人材は多くの企業から必要とされる傾向が高いです。

だからこそ、正しく情報系の強みを理解し、数ある選択肢の中から自分にマッチした就職先に進めるように対策しましょう。情報系から就職できる職種の一覧と各職種の年収、就職を成功させるための具体的な対策・準備についても解説します。

レバテックルーキーは、ITエンジニア専門の就活エージェントです。
プロの就活アドバイザーが、あなたのスキル・希望に合わせた企業の紹介や面接対策、ポートフォリオ作成サポートなど、内定獲得までを一貫してサポートします。
カウンセリングは無料で行っているので、「就活の悩みを相談したい」「自分に合った企業を紹介してもらいたい」という方は是非お申し込みください。

1. 情報系とは?

大学で情報系の学問を専門的に扱う学部として「情報学部」があります。
情報学部は大きく文系と理系の2つに分かれます。

文系の情報学部

文系の情報学部では、「情報技術を社会でどのように扱うか」という観点で、技術よりも理論などを扱うことが多いです。具体的には、メディア系や情報社会学などに関することを学ぶ傾向にあります。
文系の情報系出身の学生は、卒業後にマスメディアやコンサルタントなどの仕事に就くことが多いです。

理系の情報学部

理系の情報学部には「情報工学」「情報科学」などの学科名がついており、プログラミング言語やコンピュータの仕組みなどを学びます。卒業後はIT業界でエンジニアとして働く人が多いです。
特に理系の情報学部の場合は、プログラミングなど学生のうちに専門的なスキルを身につけていることが多いことから、就活に有利になりやすいと言われています。

2. 情報系の学生のメリット(長所)

まず、情報系の学生のメリットについて解説します。強みを理解することで、就職活動の可能性を広げることが可能です。

大学で学んだ知識・技術がそのまま技術として活かせる

情報系で学ぶIT関係の知識は、そのまま企業で働く上で活かしていくことができます。
経済産業省の調査(※)によると、今後ますます「ビッグデータ」「AI」「情報セキュリティ」「デジタルビジネス」「IoT」などの分野の専門家が必要とされるようになると予想されています。すなわち、これらのことについて大学で学んだ学生は、就職後に即戦力として重宝される可能性が高いといえます。

※参考:経済産業省「参考資料(IT人材育成の状況等について)」

応募可能な業種が多い

現在あらゆる業界がITを活用していることもあり、情報系の学生が就職先に選べる業種は多種多様になっています。具体的には、下記の通りです。
 

  • ・IT

    ・医療

    ・自動車

    ・コンサルティング

    ・スポーツ

    ・保険

    ・金融


また、上記以外にも技術系国家公務員として働くという道もあります。今日では、IT技術を必要としていない業種・業界を探す方が困難でしょう。

海外就職の選択肢

国内に限らず、優秀なIT人材は海外の企業でも求められています。プログラミング言語は世界共通なので、もし語学力に自信がある学生であれば、日本にいながらリモートワークで海外の企業に務めることも可能です。
または、後述するブリッジSEとして海外へ赴いて仕事をするという選択肢もあります。

3. 情報系の学生におすすめの職種

次に、情報系の学生におすすめの職種をご紹介します。

エンジニア系

システムエンジニア

システムエンジニアとは、クライアントの業務分析、システム設計、プログラミング、テスト、運用までシステム開発を一貫して幅広く請け負うエンジニアです。
あくまでもクライアントの要望を汲み取った上でシステムを設計していく必要があるため、プログラミングスキル以外に、設計図を作成するためのデザイン力や文章力、コミュニケーション能力なども問われます。プログラミングに限らず、クライアントへのコンサルティング、提案、営業など総合的に携わりたい方におすすめです。

関連記事:新卒がSEを目指す上で知っておくべきことは?

プログラマー

プログラマーとは、前述したシステムエンジニアが作成した設計書を元に、実際のプログラミングを行うエンジニアです。アプリケーションプログラマー、組み込みプログラマーなど、担当分野によって様々な呼び名があります。
デザインやコミュニケーションよりも、純粋にプログラミングが好きな人におすすめです。

関連記事:新卒向け!プログラマーの仕事内容とキャリアアップ方法を徹底解説

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとは、サーバーの設計から運用を行うエンジニアです。
サーバー障害の対応、セキュリティ対策等も業務内容に含まれるため、OS、ネットワークセキュリティ、グループウェアセキュリティへの対応能力も必要になります。

Webエンジニア

Webエンジニアとは、Webアプリケーション、ECサイト等のWebソフトウェアの設計から運用を担当するエンジニアです。システムの動作面の開発が主な業務です。
ネットワークやセキュリティの知識は必須で、JavaやRuby、PHP、HTMLなどのプログラミングスキルも推奨されます。

関連記事:新卒・未経験向け!Webエンジニアの仕事内容と就職方法

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアとは、設計されたデザインを元にプログラミングを行うエンジニアです。
デザインを設計するWebデザイナー(マークアップエンジニア)と、フロントエンドエンジニアが共同で業務を行うこともあれば、フロントエンドエンジニアがデザインの設計を一部、または全て行うこともあります。

関連記事:新卒でフロントエンドエンジニアに!方法や仕事内容を徹底解説

データベースエンジニア

データベースエンジニアとは、データベースの設計から運用を専門的に行うエンジニアです。最初からデータベースエンジニアとして配属されること以外にも、システムエンジニアから配属先・得意分野などによってデータベースエンジニアになることもあります。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、コンピュータネットワークの設計から運用を行うエンジニアです。
ルーター、スイッチ、ファイアウォール等のネットワークについて専門的な知識を持っていて、社内ネットワークを取り扱います。前述したデータベースエンジニア同様、システムエンジニアからネットワークエンジニアになるケースもあります。

関連記事:新卒でも活躍できる?ネットワークエンジニアのキャリアを解説

組み込みエンジニア

組み込みエンジニアとは、家電製品等にソフトウェアを組み込む際、そのプログラムの設計から開発を行うエンジニアです。別名「エンベデッドエンジニア」とも呼ばれます。
例えば、スマーフォンのバックライトの自動調節機能、電子レンジ等の調理器具に付いている制御機能の設計・開発は組み込みエンジニアが行います。ハードウェアとの連携を想定したシステム開発に興味がある方におすすめです。

関連記事:組み込みシステムとは?新卒から切り開く組み込みエンジニアへの道

カスタマーエンジニア

カスタマーエンジニアとは、クライアントを訪問、または常駐しシステム、機器の不具合を調整するエンジニアです。電話でクライアントに指示を出す場合もあります。外回り、サービス提供が主な業務になるため、「サービスエンジニア」とも呼ばれます。
クライアントとスムーズにやり取りをするためのコミュニケーション能力が必須です。

セールスエンジニア

セールスエンジニアとは、専門的な知識を持ってクライアント先にセールスを行うエンジニアです。原則、営業職の社員が同行し、専門的な部分についての説明や技術面の提案を行います。
また、クライアントから直接ニーズを聞き出すために、システム等の開発を担当しているエンジニアがセールスエンジニアとして営業から携わる場合もあります。エンジニアとして開発するだけ、営業として販売するだけではなく、両方の仕事に総合的に関わりたい方におすすめです。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアとは、サイバー攻撃・情報漏洩等を防ぐためのシステム設計から運営を行う、情報セキュリティの専門家エンジニアです。社外のクライアントに対してセキュリティについてのアドバイスをする場合は、「セキュリティコンサルタント」と呼ばれる場合もあります。
セキュリティシステムの設計、実装を行うために、ネットワーク機器、セキュアプログラミングスキルなどの幅広い知識が求められます。

関連記事:新卒でセキュリティエンジニアに就職できるのか?

サポートエンジニア

サポートエンジニアとは、製品を導入したクライアントからの問い合わせ窓口として操作方法の解説、トラブルの解決などをリモートで指導するエンジニアです。別名「ヘルプデスク」とも呼ばれています。原則、メールや電話等で対応しますが、時にはクライアントの元に出向いて指示を行う場合もあります。
クライアントの疑問に的確に答える必要があるため、基本的なITの知識に加え、その製品の専門家であることが求められます。また前述したカスタマーエンジニア同様、トラブルを解決するためのコミュニケーション能力も重要です。人とコミュニケーションを取ること、また誰かの疑問を解消することが好きな人向けの職種です。

テストエンジニア

テストエンジニアとは、開発された製品にバグ等の問題がないかを調査するエンジニアです。想定しうる全ての可能性を考え、テストを設計から分析まで行います。「テスター」とも呼ばれます。
その製品で使用されているプログラミング言語のスキル、品質マネジメントスキル、その製品の業務内容に関する知識など、専門的な教養が求められます。また、繰り返し何度も同じテストを行うことが苦ではない方におすすめです。
国内ではまだ専門的なテストエンジニアは少なく、開発担当のエンジニアがテスト作業も務めることが一般的です。しかし、海外ではテストエンジニアの人材価値は高まっており、将来性がある職種であると言えます。

ブリッジSE

ブリッジSEとは、国外のシステム開発会社・エンジニアにプロジェクトを外注する際に、国内のプロジェクトチームとの間のコミュニケーションを取り持つ役割を担ったエンジニアです。国内からビデオ通話などで国外と連絡を取る場合もあれば、海外にそのまま常駐するケースもあります。
エンジニアとしての実務経験値はもちろんのことながら、外国の文化やビジネスルールに柔軟に対応できるマインドと、高いビジネス英語スキルが求められます。海外勤務の可能性もあるため、年収は高くなっています。海外勤務を目指している方や、語学力を活かしたい方におすすめです。

営業・コンサルタント系

ITコンサルタントとは、クライアントの業界・経営状況等を調査し、その問題点を見極めた上で、ITシステムによってそれをいかに改善・解決するのかを提案するコンサルタントです。つまりITコンサルタントの目標は、ITシステムを導入することによりクライアントの問題解決を行うことです。

クライアントが抱える問題点を聞き出し、それを解決するための的確な提案をする必要があるため、様々な分野において高いスキルが求められます。具体的にはIT全般に関わる広い知識、クライアントの業界の知識、問題解決能力、そしてコミュニケーション能力などが挙げられます。人とコミュニケーションを取ること、そして問題解決を行うための企画、提案を行うことが好きな人におすすめです。

システムエンジニア、プログラマーがキャリアアップでITコンサルタントになることが多いため、年収が他のエンジニア職と比較してやや高くなっています。

マネジメント系

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとは、特定のプロジェクトのスケジュール、予算、品質、納期などプロジェクトに関わるあらゆる情報の把握・管理・進行することを業務内容としている職種です。全体の意思決定を担う非常に重要な役割です。

社内外の関係者と頻繁にコミュニケーションを取り、プロジェクトのトラブルの際には交渉を行う必要もあるため、高いコミュニケーション能力に加えチームをまとめるリーダーシップなども求められます。スケジュール、予算、チームメンバーの状態などを総合的に判断して意思決定をしていくため、経営者的な目線も必要です。プログラミングやデザインよりも、人とのコミュニケーションが好きな方におすすめです。

原則、システムエンジニアとして現場経験を積んだ後にプロジェクトマネージャーになることが多いです。またその先には、ITコンサルタントになること、独立することなどで収入を上げていける可能性が非常に高いです。

プロジェクトリーダー

プロジェクトリーダーとは、前述したプロジェクトマネージャーの一つ下の立場に属し、社内の開発現場管理を行うことを業務内容としている職種です。会社・プロジェクトの規模によっては、プロジェクトマネージャーがリーダーも兼任していることもあります。

求められるスキルはプロジェクトマネージャー同様、IT技術の他にコミュニケーション能力とリーダーシップです。プログラミングやデザインよりも、人とのコミュニケーションが好きな方におすすめです。

立場としてはプロジェクトマネージャーの下ということになりますが、年収は一般的にはほとんど同水準です。

開発・研究職

製品開発・研究開発とは、企業に所属し、その企業の製品、サービスの開発を行う職種です。例えば、スマートフォンのハードウェア、アプリケーション、自動運転技術などのソフトウェア、人工知能などの開発に携わることになります。研究・開発の結果によっては、その企業の大きな業績になる場合があるので、非常に重要な立場であると言えます。


開発する製品によっては、目に見える成果が出るまで数ヶ月から数年までかかる場合もあります。従って、その研究分野への専門的な知識と関心に加え、中長期的な計画を立てる時間管理能力も必須です。

4. 情報系から就職できる職種の年収は?

情報系から就職できる職種についてご紹介してきましたが、年収の額としてはどの程度になるのでしょうか。経済産業省の調査(※)によると、SIerやシステム開発関連企業における主な職種の平均年収は下記の通りです。
 

  • ・コンサルタント 928.5万円

    ・プロジェクトマネージャー 891.5万円

    ・高度SE・ITエンジニア(基盤設計担当・ITアーキテクト) 778万円

    ・SE・プログラマ(顧客向けシステムの開発・実装)593.7万円

    ・SE・プログラマ(ソフトウェア製品の開発・実装)568.5万円

    ・SE・プログラマ(組込みソフトウェアの開発・実装)603.9万円

    ・IT技術スペシャリスト(特定技術(DB・NW・セキュリティ等))758.2万円

    ・IT運用・管理(顧客向け情報システムの運用)608.6万円

    ・IT保守(顧客向け情報システムの保守サポート)592.2万円

    ・IT教育(IT関連講師・インストラクタ等)651万円

    ・IT業務の営業・マーケティング 783.3万円
     

新卒でも目指しやすいシステムエンジニア(SE)やプログラマーの平均年収は600万円前後であることがわかります。一方で、コンサルタントやプロジェクトマネージャーなどの案件を管理・進行していくポジションの職種における平均年収は900万円程度です。
いずれの職種も新卒入社時の年収は、平均で300~400万円程度の企業が多いです。

ただし、一部の企業では600万円近くになる場合もあります。そういった企業では、採用選考時点である程度のプログラミング経験を要求されるケースが多いです。
まずはシステムエンジニアやプログラマーとしての経験を積んでから、マネジメントに近い業務を担う職種へとステップアップしていくことで、年収増に期待できるでしょう。データベースやセキュリティなど、専門領域に特化したエンジニアを目指すこともおすすめです。

※参考:経済産業省「IT関連産業の給与等に関する 実態調査結果」p.7

5. 情報系の学生におすすめの就職対策

情報系の学生におすすめしたい就職対策3選をご紹介します。

専門分野を決める

情報系と一言で言っても、様々な専門分野・学科が存在します。その中で自分はどこに特化するかを決めることで、企業へアピールしやすくなります。さらに、その専門分野を伸ばすためであれば、大学院へ進学することも選択肢に加わるでしょう。

前述した通り、経済産業省の調査によると「ビッグデータ」「AI」「情報セキュリティ」「デジタルビジネス」「IoT」などの分野の専門家が必要とされています。もしくは、なりたい職種から自分が習得すべき専門分野を決めるという選択肢もあります。例えば、ビッグデータを扱うデータサイエンティストを目指すのであれば、自ずと統計学やデータモデリングなどの分野を学ぶことになるでしょう。

資格の取得

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験とは、高度IT人材になるために必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者であることを証明する国家資格です。「ITエンジニアの登竜門」と呼ばれています。
試験範囲は非常に広く、数学、アルゴリズムとデータ構造、コンピュータ、OS 、メディア表現、データベース、ネットワーク、セキュリティ、Web 、アーキテクチャ、開発手法、プロジェクトマネジメント、経営戦略、プログラミングなどが含まれます。

合格率は過去10年間で20〜30%を推移しており、難易度はかなり高く、一朝一夕の学習で合格することは困難です。しかし合格することで、あらゆるIT関係企業への就職に有利になります。
(小見出し)

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験とは、前述した基本情報技術者試験の上位難易度にあたる国家資格です。高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者であることを証明する国家資格です。基礎情報技術者試験よりもさらに試験範囲は広く、戦略立案・コンサルティング、サービスマネジメント、システム監査などの項目が追加されます。

合格率は20%前後を推移しており、合格の門は非常に狭くなっています。だからこそ、合格すればかなりの強みになります。
 

ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c(オラクルマスターブロンズ )

オラクルマスターとは、「日本オラクル社」が運営しているデータベース管理ソフトウェア「Oracle Database」シリーズを取り扱う技術力に関する資格です。4段階の難易度がある中で最も難易度が易しいレベルが、ORACLE MASTER Bronzeです。
データベース管理者が管理業務を行う上で最低限必要な知識である、データベースの作成・運用・保守・削除操作と、データベースを操作するためのSQLの文法を理解しているかが問われます。

Oracle製品は、日本国内のリレーショナルデータベース管理ソフトウェア市場において、約半数となる49.9%のシェアを占めており、22年連続首位をキープしています。従って、オラクルマスターを取得することで、国内トップシェアのデータベースを取り扱えるという証明になります。

Ruby技術者認定

Ruby技術者認定とは、Rubyをベースとしたシステムを設計・開発・運用するエンジニア向けの認定試験制度です。シルバー・ゴールドの二つの資格区分が設けられています。

シルバーの試験範囲は、文法・組み込みライブラリ・オブジェクト指向の三つの項目に別れています。合格率は約70%と高く、Rubyの基礎を正しく段階を踏んで学習することで初心者でも十分合格できる可能性があります。

Javaプログラミング能力認定

Javaプログラミング能力認定とは、Javaに関する基本的な知識を持ち、オブジェクト指向に基づくアプレット・アプリケーションプログラムの作成を行う能力があることを認定する試験です。認定基準は1〜3級の3段階に分かれています。

合格率は1〜3級の累計で約65%と高く、前述したRuby技術者認定試験同様、難易度はそれほど高くありません。
これらのプログラミング言語別の資格は、プログラマーとしての自分の技術力を示す手段として非常に有効です。プログラミング系の職種を目指す方のみならず、IT関係に従事する全ての人におすすめです。

インターンシップへの参加

現場で実際にどのような知識・技術が必要とされているか知ることができるため、インターンシップに参加することがおすすめです。みなさんが知っているような有名な企業などもインターンシップを募集していることがあるため、探してみると良いでしょう。

6. まとめ

情報系の学部で学ぶ内容は、現在多くの企業がIT化を進める上で必須の知識です。そのため、情報系の人材は、多くの企業から必要とされている現状があります。だからこそ、正しく情報系の強み・弱みを理解し、数ある選択肢の中から年収・知名度の高い、将来性のある企業に就職できるように対策をしましょう。就職対策には、資格による知識のアピールもおすすめです。

ITエンジニアを目指す新卒学生向け就活エージェントならレバテックルーキー

レバテックルーキーは、レバテックが運営するITエンジニア専門の就活エージェントです。多数のITエンジニアのキャリア支援経験のあるアドバイザーが、あなたのスキルと希望に合わせた企業の紹介から、人事目線での面接対策など、就職までを一貫してサポートします。ES添削、面接対策、ポートフォリオ作成サポートなども実施していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

就活アドバイザーに相談してみる