プログラマーにはどんな人が向いている?適性や活躍するためのポイントを理解して就活しようプログラマーの適性は?就活時に知っておくべきポイント

最終更新日:2021年6月4日

プログラマーはITエンジニアの登竜門と言われ、新卒でも目指しやすい職種です。IT技術の進化に伴い、プログラマーの需要は今後も増え続けるでしょう。ただし、プログラマーになるには技術力だけではなく、論理的な思考力やものを作ることに対する興味といった適性も重要です。ここでは、プログラマーの適性や活躍するためのポイントについて詳しく解説します。プログラマーとしてIT業界への就職を目指している人は、ぜひ参考にしてください。

1. プログラマーとは

まずは、プログラマーの基本的な仕事内容について解説します。

プログラマーとは、いくつかあるITエンジニアの職種の中の一つで、プログラミング言語を使ってシステム開発を行う技術者のことです。
IT業界では、新卒で入社した場合は、まずはプログラマーとして配属されるのが一般的です。その後は経験を積みながら、システムエンジニアなどへキャリアアップしていきます。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事は、コンピュータを動かすためにプログラムを作成することです。システムエンジニアが作成したシステム設計書を元にプログラム詳細設計書を作り、プログラミング言語によりシステムを構築します。
プログラム工程としてコーディング(記述)、デバッグ(エラーの修正)、テストなどがあり、工程ごとにプログラミングに関する作業を行います。

2. プログラマーの適性

次に、プログラマーの適性について解説します。

プログラマーに向いている人

論理的思考力がある

論理的思考力とは、道筋を立てて物事を考える力のことです。プログラムを記述する時はもちろんですが、プログラムにエラーが発生した時には、この論理的思考力が非常に重要となります。

どれだけ気をつけていてもヒューマンエラーは起こるものであり、プログラミングにはミスや入力エラーはつきものです。もちろんミスやエラーを起こさないように慎重に作業することは大事ですが、それよりも重要なのは、発生したエラーにどう対処するかです。

「原因は何か」「どこをどう修正すればいち早く解決できるか」といった論理的思考力があると、落ち着いて対処でき、大きなトラブルを回避することができるでしょう。

知的好奇心が旺盛

プログラミング言語を含め、IT技術は次々と新しいものが登場する、非常に変化が著しい領域です。

したがって、プログラマーは一度身に付けた技術だけで働き続けることは難しく、常に技術力の向上が求められます。知的好奇心が旺盛であれば、技術の進化を楽しみながら仕事をし続けることが可能です。

ものを作ることが好き

プログラムは「もの」としての形はありませんが、プログラミング言語を記述し、プログラムを構築するという意味では「もの」を作ることと同様です。

例えば、陶器という「もの」を作る際に完成形をイメージし、実際に手で作ることと同じで、プログラミングも出来上がっていく時には、ものを作ることの面白さを感じることができます。もの作りが好き・興味があるという人は、プログラマーに向いていると言えるでしょう。

プログラマーに向いていない人

論理的な思考が苦手

前述した通り、論理的思考力はプログラマーには必要不可欠です。逆に、素早く論理立てて考えることが苦手だと、プログラマーとして仕事をする上で苦労する可能性が高くなります。

自身で論理的な思考が苦手と思っている人は、普段から自分がミスしやすいパターンを理解し、何が原因なのかを順序立てて考えるクセをつけるとよいでしょう。

IT機器やソフトウェアに触れることが苦手

プログラマーは基本的にパソコンを使ってプログラミングを行います。プログラミングにはパソコン機器などのハードウェアや、WindowsなどのOS・開発環境のソフトウェアを使うため、ひと通りの扱い方に慣れることが必要です。
これらすべてに精通する必要はありませんが、IT機器自体に苦手意識があると、プログラミング業務に影響してしまうかもしれません。

最初はパソコンを扱える基本的なスキルがあれば十分ですので、プログラミングスキルを習得しながら、徐々に慣れていくとよいでしょう。

プログラミングスキルがあればプログラマーにはなることができますが、業務をスムーズに続けていくためには、このような適性も重要な要素です。後々苦労しないためにも、理解しておきましょう。

3. プログラマーとして活躍するためのポイント

最後に、プログラマーとして活躍するためのポイントについて解説します。

協調性を持つ

プログラマーというと、パソコンに向かって一人で作業するイメージを持つ人が多いかもしれません。しかし実際には、プログラミングはチームで行うものであり、プログラム間の連携や、開発スケジュールの調整において、チーム内でのスムースなコミュニケーションが求められます。

さらに、システムエンジニアやプロジェクトマネージャーなどにステップアップすると、顧客やプロジェクトチーム全体とのやり取りも頻繫になるため、高い協調性が必要になるでしょう。

自分で工夫して考える(プログラム作業の効率化など)

プログラマーにはプログラミング作業だけでなく、チームとの連携など多くの作業が必要とされ、納期に間に合わせるためにはさまざまな作業を効率よく行うことが重要です。たとえば、プログラミング作業のタスク管理やチーム連絡の管理などを、ツールを使って自動化すると、作業の時間を大幅に短縮できます。

こういった作業の効率化を自ら考えて実行できる人は、仕事に余裕が生まれるだけでなく、精神面でもゆとりができ、将来的に第一線で活躍していけるでしょう。

新しい技術を取り入れるマインドを持つ

前章で解説した通り、IT業界はトレンドの移り変わりが速く、プログラミングにも常に新しい技術が取り入れられています。勉強熱心で新しいことに挑戦するマインドがあると、スキルアップにつながり仕事の幅も広がるでしょう。

ただし、最初から多くのスキルを身に付けようとするのではなく、まずは一つのプログラミング言語の習得を目指すのがおすすめです。一つ言語を覚えると、共通する文法の考え方などを理解できるため、他の言語も習得しやすくなります。

4. まとめ

プログラマーはITエンジニアの登竜門であり、新卒では目指しやすい職種の1つです。プログラマーには、技術的なスキルだけではなくコミュニケーション力やものづくりに対する興味など、いくつかの適性が求められます。これから就職活動を始める大学生は、自分がプログラマーに向いているかを考えた上で、キャリアについて考えてみることをおすすめします。

ITエンジニアを目指す新卒学生向け就活エージェントならレバテックルーキー

レバテックルーキーは、レバテックが運営するITエンジニア専門の就活エージェントです。多数のITエンジニアのキャリア支援経験のあるアドバイザーが、あなたのスキルと希望に合わせた企業の紹介から、人事目線での面接対策など、就職までを一貫してサポートします。ES添削、面接対策、ポートフォリオ作成サポートなども実施していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

就活アドバイザーに相談してみる