IT系エンジニアの職種と仕事内容を徹底解説!自分に合う職種を知って、新卒でエンジニアを目指そうIT系のエンジニアとは?仕事内容と新卒で就職できる職種を紹介

最終更新日:2021年4月1日

昨今、多くの企業においてITの活用が必要不可欠となっており、IT業界では深刻な人材不足が続いています。特に、ITの専門知識やスキルを備えた「ITエンジニア」の需要は高く、さまざまな職種で募集があります。新卒でITエンジニアを目指す人は、仕事内容や必要な知識・スキルなどを理解し、しっかりと準備した上で採用試験に望みましょう。ここでは、ITエンジニアの各職種について、仕事内容、新卒向けの職種、必要とされる知識・スキルなどについて解説します。

1. IT業界とは

まず、IT業界の概要について解説します。

IT業界は、大きく「情報処理サービス業界」「コンサルティング業界」「Web業界」に分けられ、それぞれの業界で異なる職種が存在します。技術やサービスの進化にともない複雑に絡み合っているのが実態で、複数の業界にまたがって事業を行っている企業もあります。

2. IT業界でのエンジニアの職種と仕事内容

次に、IT業界の代表的な職種と仕事内容について、前述の3つの業界ごとに解説します。

情報処理サービス業界

情報処理サービス業界では、主にSIerと言われるITシステム開発会社が顧客のシステム開発を行います。顧客の経営やビジネスの課題を、SIerに所属するシステムエンジニアなどがITシステムの開発により解決します。

プログラマー

プログラマーは、顧客からの業務のシステム化などの要望に沿って、プログラミングによりシステムを構築する職種です。
システムエンジニアが作成する要件定義書や設計書に沿ってプログラムを記述し、プログラムモジュールなどを作成します。作成したプログラムはテスト工程を経て、ユーザーが触る本番環境へとリリースされます。

システムエンジニア(SE)

システムエンジニア(SE)は、顧客への要望のヒアリングや最終テスト内容の確認など、主に顧客とのインターフェースを担う職種です。
顧客にヒアリングした要望や課題を要件定義書としてまとめ、システムの設計を行います。システム開発の最終段階では、要望通りに構築されているかなどの最終テストを顧客と実施します。

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、システムのインフラ全般の開発を担う職種です。
サーバーやストレージなどのハードウェアと、OSやミドルウェアなどの基本ソフトウェアの設計・構築・運用を行います。データベースや、近年多く使われている仮想化技術を使った仮想サーバーやコンテナの構築なども対象に含まれます。

ITコンサルティング業界

ITコンサルティング業界では、主にIT系コンサルファームと呼ばれる企業に属するITコンサルタントなどが、企業の経営やビジネスの課題を解決するために、IT戦略の企画・立案を行います。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、ITの活用によって企業の経営やビジネスの課題を解決に導く職種です。
分析やヒアリングなどにより、顧客を深く理解して課題を把握します。そしてIT技術とコンサルのノウハウにより、その解決に向けた解決策の提案を行います。

データサイエンティスト

データサイエンティストは、顧客に関するデータを分析し、その結果をビジネスに活用するデータに関する専門職種です。
最初に顧客の経営やビジネス上の本質的な課題を把握するため、関連するデータを取得し、加工・分析などを行います。その後把握した課題に対し、データに関する専門的な手法や知見により有用な解決策を導き出し顧客に提案します。

Web業界

Web業界では、企業がWebを使って自社サービスを提供しています。Web系企業は自社サービスの強化や新しいサービス提供を行うために、ITシステムの開発や運営・管理などを行います。

Web系エンジニア

Web系エンジニアは、自社のWebサービスのシステムやアプリケーションなどの開発を行う職種です。
多くのWebシステムは常時オンラインで稼働しているため、サービスを安定的に提供し続けるために運用・保守業務も担当します。

IT系のエンジニアには、IT技術だけでなく顧客の経営やビジネスに関する幅広い知識が必要とされます。実務経験や専門的な知識が求められる職種が多いため、一般的には数年程度の経験を積んでから活躍できる仕事と考えておいた方がよいでしょう。ただし、次章で詳しく解説しますが、職種によっては新卒で就職して即戦力として活躍できる職種もあります。

3. 新卒で目指せる職種

次に、新卒からでも目指しやすいITエンジニアの職種と仕事内容について解説します。

プログラマー

プログラマーはITエンジニアの登竜門と言われる職種です。前述のとおり、プログラマーはシステムエンジニアが作成した要件定義書及び設計書に沿ってプログラミングを行います。プログラミング作業の中でも、詳細設計書などの指示通りに作成することが可能な箇所は難易度が低く、新卒で初心者であっても即戦力として仕事ができるでしょう。

システムエンジニア

システムエンジニアの仕事内容は幅広いですが、中でも初期のテスト工程で単純なバグやエラーなどを見つけ出し、軽微な修正をする作業があります。これらは比較的簡単な内容のため、システムエンジニアの入り口として新卒で任されるケースが多いでしょう。

インフラエンジニア

インフラエンジニアの業務では、インフラの開発時からインフラ環境を安定して稼働させる必要があります。そのために、ハードウェアリソースの空き具合や、性能であるシステムパフォーマンス、稼働しているソフトウェアの状態などを常時監視しています。こういった監視業務は比較的簡単な仕事のため、新卒で最初に任されることが多いです。

ここでご紹介した仕事内容は、それぞれの職種で新卒が最初に任されることの多い仕事例です。経験を積むにつれて、さらに本格的な業務を任されるようになります。

4. 新卒で求められる知識・スキル

最後に、新卒採用の際に身に付けておくとよい知識・スキルついて解説します。

新卒採用では、基本的にはポテンシャル採用と言われる、将来の可能性を見越した判断がなされます。そのため、採用の時点で実践的な知識・高度なスキルまでは求められませんが、以下のような基礎的なスキルを備えておくと有利になる可能性が高いでしょう。

IT全般の基礎知識

ITシステムを理解するためには、基礎的なIT全般の知識が必要です。
サーバーやストレージなどのハードウェア、OS・ミドルウェアなどの基本ソフトウェア、データベース、ネットワーク、システム開発手法などの基礎知識を習得しておくとよいでしょう。

プログラミングの基礎的な知識・スキル

プログラミングスキルは、ITエンジニアならどの職種でも少なからず必要とされるため、基本的な知識はあった方がよいでしょう。特にプログラマーを目指す際は、主要なプログラミング言語であるJavaScript・Python・PHPのいずれかを経験しておくことをおすすめします。

基本的なコミュニケーションスキル

ITエンジニアの仕事は技術が重要と考えられがちですが、実際にはシステム開発チームとの共同作業や顧客との対話が多く、高いコミュニケーションスキルが求められます。採用選考でも重視される項目のひとつですので、普段から「伝える力・聞く力」といった能力を伸ばす練習をしておきましょう。

5. まとめ

世間でIT活用が進む中でITエンジニアのニーズも高まっており、求人率も高いです。さまざまなITの職種や求人がある中で、自分にあった仕事内容の職種を選ぶべきでしょう。もちろん、中には新卒に向いている仕事内容の職種もあります。就活時には、求められる知識・スキル、仕事内容を熟知した上で目指す仕事内容・職種を選択し、より具体的なイメージを持って就活に望むことがポイントです。

ITエンジニアを目指す新卒学生向け就活エージェントならレバテックルーキー

レバテックルーキーは、レバテックが運営するITエンジニア専門の就活エージェントです。多数のITエンジニアのキャリア支援経験のあるアドバイザーが、あなたのスキルと希望に合わせた企業の紹介から、人事目線での面接対策など、就職までを一貫してサポートします。ES添削、面接対策、ポートフォリオ作成サポートなども実施していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

就活アドバイザーに相談してみる