IT業界の職種とは?仕事内容や必要なスキルを知って、学生時代から自分に合う職種を検討しようIT業界の職種を理解してエンジニアを目指そう!

最終更新日:2021年9月15日

近年、多くの企業でIT技術の活用が進む一方、IT業界の人材は不足しており、エンジニア職の需要が高まっています。新卒の求人数も豊富ですが、さまざまなITの職種があるため、就活時には特徴や業務内容をよく理解してから選択する必要があります。ここでは、IT業界での各職種について、仕事内容、必要とされる知識・スキル、新卒向けの職種などについて解説します。

1. IT業界とは

ひとくちにIT業界と言っても業務内容は幅広く、コンサルティング業界、情報処理サービス業界、Web業界などに分けられます。これらは明確に区別されるわけではなく、複数の業界にまたがって事業を行っている企業もあります。それぞれの業界で異なるITの職種が存在します。

2. IT業界の職種・仕事内容・必要な知識やスキル

次に、IT業界の代表的な職種と、仕事内容や必要な知識・スキルについて、
前述の3つの業界ごとに解説します。

ITコンサルティング業界の職種

ITコンサルティング業界では、企業の経営や業務上の課題を解決するために、コンサルタントなどが分析を行い、IT戦略の企画・立案を行います。

ITコンサルタント

仕事内容
ITコンサルタントは、企業の経営や業務の課題をITの活用によって解決に導く専門家です。分析やヒアリングなどにより、顧客のビジネスや業務内容を深く理解して課題を見極め、ITを切り口とした提案でその課題の改善・解決に臨みます。

必要な知識・スキル
ITの知識に加えて、顧客の業界や業務に関しての幅広く深い知識が求められます。顧客との対話やプレゼンなどの機会が多いため、高いコミュニケーションスキルも必要です。

データサイエンティスト

仕事内容
データサイエンティストは、膨大なデータを分析し、その結果をビジネスに活用するスペシャリストです。まず顧客のビジネス上の課題に対して関連するデータを分析し、専門的な手法を用いて知見や有用な情報を引き出します。それらの情報を元に仮説の立案を行い、状況改善に向けた施策などを顧客に提言します。

必要な知識・スキル
統計学やアルゴリズムなどのデータに関する専門的な知識や、それらをITに活用するプログラミングのスキルが必要です。また、分析したデータの意味などを顧客に分かりやすく伝えられるように、高いコミュニケーション力も求められます。

情報処理サービス業界の職種

情報処理サービス業界では、顧客が抱える課題や悩みを解決するために、システムエンジニアなどがITシステムの開発を行います。

システムエンジニア

仕事内容
システムエンジニアは、顧客とのコミュニケーションを主に担当します。顧客にヒアリングした要望や課題をシステム仕様書としてまとめ、システム構築後には最終テストなどを顧客と行います。また、システム開発プロジェクトの全体管理も行います。

必要な知識・スキル
顧客の要望をヒアリングしてシステム化する必要があるため、ITスキルに加え、顧客の業界や業務に関する知識が求められます。また、顧客とのプロジェクトをスムースに進めるために、コミュニケーションスキルも重要視されます。

インフラエンジニア

仕事内容
インフラエンジニアの主な仕事は、顧客システムのインフラ開発です。インフラを構成するサーバーなどのハードウェアや、OS・ミドルウェアなどの設計、構築、運用を行います。
近年重要度が増しているネットワークもインフラの一部として担当します。

必要な知識・スキル
サーバーなどのハードウェアや、OS・ミドルウェアなどのソフトウェアについての全般的な知識とスキルが求められます。サーバーOS、データベースについては特に専門的な知識が必要です。新卒時の実務では、サーバーOSやデータベースのスキル習得から入るということもあるでしょう。

プログラマー

仕事内容
プログラマーの基本業務は、顧客の要望を反映した仕様をもとに、プログラミング言語を用いてシステムを構築することです。具体的には、システムエンジニアが作成した仕様書や設計書に沿ってプログラムを記述し、プログラムモジュールなどを作成します。その後テスト工程を経てプログラムの実装を行います。

必要な知識・スキル
プログラミングの知識やスキルは必須です。新卒では基礎レベルとして、まずは言語の基本構文などから求められるでしょう。またプログラムはOSやミドルウェア上で稼働するため、ITシステムの全般的な知識も必要です。スキルレベルが進むと、プログラムの品質管理などに関する知識も求められます。

Web業界の職種

Web業界では、企業がWeb上で運営するサービスの強化や提供を行うために、ITシステムの開発や運営・管理などを行います。

Web系エンジニア

仕事内容
Webエンジニアは、主にWebサイトやスマホサイト上で提供される、Webサービスのシステムやアプリケーションなどの開発を行います。Web上で提供されるサービスの多くは通常24時間365日オンラインで稼働しており、システムの保守・運用業務も重要な仕事です。

必要な知識・スキル
仕様の確定からプログラミングによる構築まで幅広い業務を行うため、Web系のITシステムやプログラミング、データベースについてのさまざまな知識・スキルが求められます。

このように、IT業界の職種は多岐にわたり、ITスキルだけでなく業務や経営に関しての幅広い知識・スキルが必要とされます。高度な知識や実務経験が求められる職種が多いため、一般的には数年程度の経験を積んでから活躍できる仕事と考えておいた方がよいでしょう。ただし、職種によっては新卒で就職して即戦力として活躍できる職種もあります。

3. 新卒学生向けの職種を紹介

次に、未経験でも就職が期待できる、新卒向けの職種について解説します。

プログラマー

新卒向けの理由

プログラマーはITエンジニアの登竜門と位置づけられており、初心者でも入りやすい職種です。新卒では、基礎的なプログラミングを実務として任されるケースが多いでしょう。

将来性

IT技術の発展に伴ってプログラマーの需要も増加しているため、将来性は高いと言ってよいでしょう。プログラミングで得たノウハウは、システムエンジニアやさらに上位のコンサルタント業務でも役立てることができ、キャリアアップにもつながります。

インフラエンジニア

新卒向けの理由

インフラエンジニアは需要が非常に高く、未経験者を採用する企業も多いです。OSやデータベースなどインフラ関連の技術的な知識やスキルを身につけると、初心者でも戦力になれる可能性が高いでしょう。

将来性

インフラエンジニアの知識やスキルはITシステムのベースとなるもので、さまざまなITの職種で必要とされます。大きく伸びているIT業界において長きにわたって役立つ内容であり、将来性は高いと言ってよいでしょう。

Web系エンジニア

新卒向けの理由

Web系エンジニアは一般的に少人数でシステム開発を行うため、エンジニア1人に任される部分が多くなります。プログラミングスキルやITに関する基本的な知識は必要ですが、任される分やる気が上がるという責任感が強い人には、初心者でも向いていると言えます。

将来性

Webサイトやスマホアプリなど、Web業界の市場規模はどんどん広がっています。Web系エンジニアの需要は今後も伸びると想定され、常に新しい知識や技術を身に着けていくことで将来性がさらに高まります。

4. まとめ

IT業界は、おおまかにコンサルティング業界、情報処理サービス業界、Web業界などに分けられます。これらは明確に区別されるわけではなく、複数の業界にまたがって事業を行っている企業もあります。職種もさまざまで、新卒で目指しやすい職種もあれば、経験を積んでからでないと就くことが難しい職種もあります。自分の目指したい方向性や携わりたい業務に沿って、希望の職種を決めましょう。また、どの職種でもプログラミングスキルは必要になるため、学生のうちからプログラミングに触れておくことをおすすめします。

ITエンジニアを目指す新卒学生向け就活エージェントならレバテックルーキー

レバテックルーキーは、レバテックが運営するITエンジニア専門の就活エージェントです。多数のITエンジニアのキャリア支援経験のあるアドバイザーが、あなたのスキルと希望に合わせた企業の紹介から、人事目線での面接対策など、就職までを一貫してサポートします。ES添削、面接対策、ポートフォリオ作成サポートなども実施していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

就活アドバイザーに相談してみる