エンジニア志望の未経験者必見!志望動機の書き方と例文について徹底解説志望動機の書き方と例文!未経験者がエンジニアになるための方法

最終更新日:2021年9月15日

IT業界は近年益々需要が高まっており、将来性が最も見込まれる業界の一つです。自身の人材価値を高めるためにも、IT業界で働くことを志望している学生は多いでしょう。しかし、新卒・未経験者が企業にエンジニアとして採用されるためには、適切に自身のポテンシャルをアピールする必要があります。ここでは、エンジニアの仕事内容と求められる人物像、未経験からエンジニアになるための志望動機のポイント、そして具体的な志望動機の例文について解説します。

1. エンジニアの仕事内容と求められる人物像

企業がどのような人材を求めているかについて理解を深めるために、まずエンジニアの仕事内容と求められる人物像について解説します。

エンジニアの仕事内容

エンジニアにはインフラエンジニア、ネットワークエンジニア、セールスエンジニアなど数多くの職種が存在します。その中でも、一つの例として新卒・未経験でも目指すことができるシステムエンジニアとプログラマーの仕事内容について紹介します。

システムエンジニアは、システム開発において上流工程と呼ばれる「要件分析・定義」「外部・内部設計」「テスト」の工程を担当します。つまり、クライアントが希望しているシステムについて聞き出し、それをまとめた上で設計書を作成することが主な業務内容です。また、その設計書を元に実際にプログラミングを通してシステム開発を行うエンジニアがプログラマーと呼ばれています。プログラマーが完成させたシステムを、設計書通りに機能するかどうかを確認する作業もシステムエンジニアの役割に含まれます。

このように、原則エンジニアはITに関わるシステム、インフラ、ネットワークなどの開発・運用・保守を専門に行うことが主な仕事内容であると言えます。

エンジニアに求められる人物像

知的好奇心が旺盛な人

新しいIT技術は次々と登場するため、IT業界を取り巻く環境は日々変化し続けています。したがって、エンジニアは決して一度身に付けた技術だけでずっと働ける仕事ではありません。常に最新の情報・技術を積極的に学ぶ知的好奇心旺盛な人でなければ、長期的にIT業界で活躍することは困難でしょう。

人とのコミュニケーションが得意な人

エンジニアの仕事は、一人でコンピュータと向き合って黙々と行う業務だけではありません。例えば、先ほど例に挙げたシステムエンジニアの場合、クライアントが求めている成果物について正確に把握し、それをプログラマーに伝えるために的確な指示を出さなければいけません。これらの業務をこなすためには、高いコミュニケーション能力が必要になります。したがって、人とのコミュニケーションに苦手意識がない人がエンジニアに向いていると言えるでしょう。

論理的な思考力がある人

どの職種のエンジニアであった場合でも、プログラミングスキルは必須です。そして正しく機能するプログラムを記述するためには、論理的思考力が欠かせません。コンピュータはあくまでも言われた通りにしか動作しないため、曖昧な表現や辻褄が合わないコードでは思うように動いてくれません。したがって、エンジニアを志望する人はロジカルシンキングを鍛える必要があります。

2. 未経験の学生がエンジニアになるための志望動機のポイント3選

次に、未経験の学生がエンジニアになるための志望動機のポイント3選について解説します。

IT業界とエンジニア職に対する興味・関心・意欲をアピールする

まず、なぜIT業界のエンジニアになりたいのか、その会社のどのような仕事・サービスに携わりたいのか、ということ明確にしましょう。例えば、IT業界の将来性を強く実感した体験談について説明することや、具体的にその企業の商品・サービスの何に魅力を感じているのかなどです。「どうしてもその企業でなければいけない理由は何か」を明確にする意識を持ちましょう。

また、未経験の場合は必ず何かしら積極的に勉強したことなどについて説明し、IT業界への関心や意欲をアピールしましょう。具体的には、プログラミングの学習に挑戦したこと、インターンシップに参加したことなどが考えられます。

学業、スポーツ、仕事などで過去に結果を出した経験とそれを実現するために苦労した点についてアピールする

IT業界は原則実力主義であり、何よりも結果が重視される傾向にあります。分野を問わず過去にどのような困難を乗り越えて、結果を残してきたのかを説明できることが重要です。例えば、部活動で出した大会の結果、作品が何かの賞を受賞したこと、アルバイト先でリーダーとして働いている期間に過去最高売り上げを記録したこと、などが考えられます。

情報はあまり詰め込みすぎない

質の高い志望動機を執筆する上で最も大切なポイントは、採用担当者にとって伝わりやすい・分かりやすい文章を書くことです。たとえ実績がたくさんある場合でも、それらを全て羅列するのではなく、提出先の企業に合わせてしっかりと取捨選択しましょう。文章も長ければ良いということではなく、なるべく無駄は省きすっきりとしたものにする必要があります。

3. 未経験からエンジニアになるための志望動機の例文3つ

最後に、未経験からエンジニアになるための志望動機の例文を3つご紹介します。

システムエンジニア志望の場合

私は御社のeラーニングシステムの開発に携わりたいと思い、志望しました。新型コロナウイルスの影響を受け、日本の教育は変革を求められていると中学生の弟の様子を見ていて痛感したことがきっかけで、IT技術と教育の分野に興味を持つようになりました。また、オンライン学習サイトでProgateを使ってRubyとJavaScriptを学習しましたが、非常に楽しく勉強ができたため自分にはプログラミングが向いていると感じています。
私はバスケットボールチームの高校ではキャプテン、大学では副キャプテンとしてチームをまとめる役割をしておりました。その時鍛えたコミュニケーション能力や統率力を活かして御社でシステムエンジニアとして活躍したいと思っています。

プログラマー志望の場合

私は、御社の長期インターンシップに参加した経験から、IT業界で活躍したいと思うようになりました。御社を志望した理由は、元々ものづくりが好きなので、プログラミングが楽しいと感じたことに加え、御社で働いていらっしゃる社員の皆様の仕事への情熱に魅力を感じたからです。
私は15年以上書道を続けており、大学時代に全国規模のコンクールで自分の作品が入賞したこともあります。書道の稽古を通じて培った集中力、継続力を駆使して、御社でプログラマーとして活躍することをお約束します。

Webエンジニア志望の場合

私が御社を志望した理由は、「全ての人が輝ける社会を作る」という経営理念に共感したためです。御社が問題定義されている通り日本はIT後進国であり、未だに集客用のWebサイトやアプリケーションを持っていないがために思うように結果を出せない企業やお店があることは事実です。私は御社でWebエンジニアとして活躍し、少しでも多くの人がITの力を使って活躍できるチャンスを提供したいと考えています。
私はまだ実務経験はありませんが、6ヶ月間プログラミングスクールに通い、JavaScriptとPythonを扱えるようになりました。楽しみながら学ぶことができたため、今後も引き続き勉強し、即戦力の人材になりたいと思っています。

4. まとめ

プログラミング未経験の場合でも、新卒でITエンジニアに就職することは可能です。その際は、論理的思考力やコミュニケーション能力などの適性があることや、IT業界、エンジニアへの興味関心を志望動機で効果的にアピールすることで、就職活動を有利に進められる可能性が高まります。ポイントを確認し、簡潔な文章を書くことを心がけましょう。また、自分で読み返すだけでなく、第三者視点でアドバイスをもらうことも効果的です。

ITエンジニアを目指す新卒学生向け就活エージェントならレバテックルーキー

レバテックルーキーは、レバテックが運営するITエンジニア専門の就活エージェントです。多数のITエンジニアのキャリア支援経験のあるアドバイザーが、あなたのスキルと希望に合わせた企業の紹介から、人事目線での面接対策など、就職までを一貫してサポートします。ES添削、面接対策、ポートフォリオ作成サポートなども実施していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

就活アドバイザーに相談してみる