IT業界志望の文系学生へ|文系出身でもIT業界で活躍できる理由や就職前にやるべきことを解説新卒向け|文系出身でもIT業界で活躍できるのか?

最終更新日:2021年7月12日

IT業界に興味のある文系の就活生の中には、「文系でもIT業界で活躍できるだろうか?」と不安に思っている人も多いのではないでしょうか。実際にはIT業界では、技術力だけでなく、顧客とのコミュニケーション力やプロジェクトのマネジメント力なども必要とされ、文系の学生さんが活躍できる場は大いにあると言えます。
この記事では、IT業界の概要、文系学生が活躍できる業界や職種、活躍できる具体的な理由、文系学生が就職前にやるべきことなどについて解説します。

1. IT業界とは

まず、IT業界の種類と、文系出身でも活躍しやすい業界について解説します。

IT業界の種類

IT業界は大きく以下の4種類の業界に分類され、提供するサービスや商品が異なります。業界ごとにITエンジニアの仕事内容を見ていきましょう。

インターネット・Web業界

インターネット・Web業界では、自社のサービスや商品を紹介するWebサイトの構築・更新や、他の企業のWebサイトの構築・更新などを行います。

情報処理サービス業界(SI業界)

情報処理サービス業界のITエンジニアは、SIerと呼ばれるIT企業に所属し、さまざまな業界の顧客のシステムを開発します。SIerにもいくつかの種類が存在します。

ソフトウェア業界

ソフトウェア業界では、人事管理や会計管理など、ある程度型の決まった処理を行う各種ソフトウェアパッケージの開発を行います。

組込みソフトウェア業界

組込みソフトウェア業界では、家電・自動車・スマートフォンなどのさまざまなハードウェアに組み込まれている制御ソフトウェアを、組み込みエンジニアとして開発します。

文系出身で活躍できるIT業界の種類と職種

上記で紹介した業界の中で文系学生が最も就職しやすいのは、情報処理サービス業界です。他の業界では経験や専門性が重要視されるため、文系新卒での就職はハードルが高いと言えます。

ITエンジニアの代表的な職種には、システムエンジニア、プログラマー、インフラエンジニア、プロジェクトマネージャーなどがありますが、その中でもシステムエンジニアとプログラマーは文系学生が目指しやすいでしょう。

2. 文系出身でもIT業界で活躍できる理由

次に、文系出身でもIT業界で活躍できる理由を具体的に解説します。

上述のシステムエンジニアやプログラマーでは技術力が求められるのは当然ですが、場面によってはコミュニケーション能力や全体を俯瞰する力、マネジメント力などが必要とされます。文系出身者には、このような能力に長けている人が多いため、IT業界でも十分に活躍できると言えます。

コミュニケーション能力が高い

特に、システム開発において設計工程を担当するシステムエンジニアは、顧客の要望をヒアリングするなど、インターフェース役として顧客との信頼関係を構築するための重要な役割を担います。

また、プログラマーはパソコンに向かって黙々とプログラミングを行うイメージがあるかもしれませんが、システム開発はチームで行うため、実際にはチームメンバーとのやり取りが必要不可欠です。プログラム間の連携をスムーズに行うためにも、高いコミュニケーション能力があると役立つでしょう。

全体を俯瞰する力がある

プロジェクトの進捗管理や品質管理など、全体を管理するのもシステムエンジニアの仕事の1つです。さらに経験を積んでプロジェクトの責任者であるプロジェクトマネージャーになると、チーム全体をまとめる役割も求められるようになります。

そのため、全体を見る俯瞰力や、マネジメント力に優れた人材は非常に重宝されます。文系出身者は、技術力に深く偏り過ぎない分、広く柔軟な視点でバランスよく物事を見ることができる傾向にあり、これはマネジメント力にも繋がります。

3. 文系学生がIT業界に就職前にやるべきこと

最後に、IT業界を目指す文系学生が就職前にやっておくと役立つことを紹介します。

プログラミングの学習

システムエンジニアやプログラマーは、プログラミングの知識・スキルが必要不可欠なため、学生時から基礎的なレベルだけでも習得しておくとよいでしょう。プログラム言語は学習難易度が低いRuby・Python・PHPなどから入るのがおすすめです。

プログラミングの学習方法は、主に書籍や動画サイトを活用した独学と、プログラミングスクールを活用する方法があります。
書籍や動画サイトでの独学は、安価で気軽に始められるのがメリットですが、継続して学習するためには高いモチベーションが必要です。普段からさまざまな学習で独学に慣れている人には向いているでしょう。

なお、有名な動画サイトには「Progate」「Schoo」「ドットインストール」などがあり、ます。なかでも「Progate」は環境構築が不要で、ブラウザ上でプログラミングの実践ができるため、初心者に優しくおすすめです。

「短い期間で確実に知識・スキルを身に付けたい」という人には、プログラミングスクールの活用がおすすめです。スクールではカリキュラムに沿って授業が行われ、わからないところはプロの講師にリアルタイムで質問できるため、スムースに学習が進みます。就活に特化したレバテックカレッジなどでは、技術の習得だけでなく、ITエンジニアになるための就活を一貫してサポートしてくれるのでおすすめです。

ただし、独学に比べてコストがかかりますので、特徴などをしっかりとチェックして自分に合うスクールを選びましょう。

資格の取得

資格は採用面談時には必須ではありませんが、資格の勉強をすることで、ITの知識やプログラミングの基礎力を身に付けることができます。そのため、これからIT業界への就職を目指すのであればきっと役立つはずです。文系の学生には、ITに関する国家資格の登竜門であるITパスポートや、基礎的なプログラミング資格などがおすすめです。

以下は、基礎的なプログラミング資格の代表的な例です。
Ruby:Ruby Association Certified Ruby Programmer Silver version 2.1
Python:Python3エンジニア認定基礎試験
PHP:PHP7初級試験

インターンシップの活用

インターンシップで実際の職場を体験することで、企業や仕事に対する理解が深まり、実際にどのような知識・スキルが必要なのかを知ることができます。

また、現役エンジニアの指導を受けながら仕事をする機会もあるため、より実践的なスキルを身に付けることができるでしょう。
インターンシップでの働きぶりが評価され、そのまま正社員として採用されるというケースもあります。

インターンの募集は、インターネット上の求人サイトに多くあります。文系学生や未経験でも応募可能な企業もあるので、チェックしてみてください。

4.まとめ

IT業界は成長している業界であり、ITエンジニアの需要も年々高まっています。文系学生であってもIT業界では活躍できる場面は多くあり、実際に文系の大学や大学院を卒業した後ITエンジニアとして活躍している人も、少なくありません。IT業界に関心がある、エンジニアとしてスキルを身につけたいという方は、文理に関係なくぜひIT業界を目指してみてください。

ITエンジニアを目指す新卒学生向け就活エージェントならレバテックルーキー

レバテックルーキーは、レバテックが運営するITエンジニア専門の就活エージェントです。多数のITエンジニアのキャリア支援経験のあるアドバイザーが、あなたのスキルと希望に合わせた企業の紹介から、人事目線での面接対策など、就職までを一貫してサポートします。ES添削、面接対策、ポートフォリオ作成サポートなども実施していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

就活アドバイザーに相談してみる