IT業界の主な国家資格・ベンダー資格の紹介と、それぞれの難易度・取得する価値についてIT資格の種類と難易度について解説!新卒におすすめの資格とは

最終更新日:2021年9月15日

IT業界で活躍したいと考えている学生にとって、資格を取得することは様々なメリットがあります。しかし、IT資格には数多くの種類が存在しており、それぞれ難易度が大きく異なります。したがって、将来的に自分が関わりたい仕事、今の知識・技術のレベルなどを見極めてどの資格の取得を目指すかを決める必要があります。ここでは、IT資格を取得する重要性、IT業界の主な国家資格とベンダー資格、そして新卒におすすめのIT資格について解説します。

1. IT資格の重要性

まず、IT資格を取得することの重要性について解説します。

専門的な知識を身につけることができる

IT業界に関わる知識・技術は膨大であり、また急速に発展するため変化も頻繁に起こります。数年前まで最も主流な技術として使われていたものが、現在ではほとんど使用されていないということも頻繁にあります。

そんな中IT資格の出題内容は、それぞれIT業界の専門家が集まって考案されているため、体系的に整っている上に、内容は最新のものになっています。したがって、資格の取得に向けて勉強することは、最も効率的に専門的な知識を身に付ける手段の一つであると言えるでしょう。

就職・転職に有利

IT業界で働く上で、必須の資格はありません。しかし資格を取得することで、就職・転職活動の際に企業に対して、客観的に自身の能力を証明できます。また、資格の取得という目標に向けて行動して結果を得られるまで努力できる人であること、また積極的に勉強をしようという姿勢があること、などの人間性のアピールにもなります。特に実務経験のない新卒の場合、具体的に自身の価値を証明できる材料が少ないため、資格を保有していることはメリットが多いと言えるでしょう。

資格手当を支給する企業もある

企業によっては、資格手当という福利厚生を提供している場合があります。資格手当とは、特定の資格を保有している、または合格して資格を取得した場合に一時的、もしくは長期的に企業から従業員に支給される現金手当を指します。この制度を利用することで、受験料や勉強にかかる費用などを実質無料で資格を取得することができます。

ただし、この制度に関しては法律上の規定がないため、資格手当の有無や支給条件などは企業ごとに異なります。必ず事前に自分が志望している企業について調べるようにしましょう。

2. IT業界の主な国家資格

次に、IT業界の主な国家資格3選について解説します。

ITパスポート

ITパスポートは、ITの基礎的な知識を持っていることを証明する国家資格です。職種や業界を問わず、ITスキルを必要とする全ての人に向けて実施されています。難易度は低く、合格率は約50%ほどであると言われています。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、エンジニアとしての基礎的な知識・能力を持っていることを証明する国家資格です。システムエンジニアやプログラマーとして働きたい人、もしくはすでに働いている人に向けて実施されています。ITパスポートと比較すると、プログラミングなどの実践的なスキルを持っている必要があるため難易度は比較的高く、合格率は約24~26%ほどであると言われています。

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験は、エンジニアとしての応用的な知識・能力を持っていることを証明する国家資格です。難易度は高く、合格率は約20%ほどであると言われています。合格率だけを見た場合、基本情報技術者試験とあまり変わらないように感じられるかもしれません。しかし応用情報技術者試験は、主に5年以上の実務経験を積んだエンジニアが受験する資格であるため、受験者層が基本情報技術者試験とは全く異なります。

なお、ここでご紹介した3つの資格以外にも、「システムアーキテクト」「ITストラテジスト」など専門的なスキルを問う国家資格が多数存在します。

3. IT業界の主なベンダー資格

次に、IT業界の主なベンダー資格5選について解説します。ベンダー資格とは、コンピュータ・ソフトウェア・ネットワークなどを製造・販売するベンダー企業が、自社製品の操作・管理技術のレベルを証明できる方法として実施している民間資格制度の総称です。なお、ベンダー資格は原則合格率・受験者数などの情報は非公開となっています。

マイクロソフト認定資格

マイクロソフト認定資格とは、マイクロソフト製品の知識・操作スキルを証明する資格です。サーバー・インフラ系、開発系、Office系の3種類の試験があり、それぞれ難易度が3段階設定されています。

Android技術者認定資格

Android技術者認定資格とは、Androidアプリケーション・プラットフォームの開発スキルを証明する資格です。主にアプリケーションエンジニアに向けて実施されています。アプリケーション技術者認定試験とプラットフォーム技術者認定試験の2種類の試験があり、それぞれ「ベーシック」「プロフェッショナル」という2段階の難易度が設定されています。

AWS (Amazon Web Service)認定資格

AWS認定資格とは、アマゾン社が提供する100種類以上のクラウドサービスの操作・管理スキルを証明する資格です。主にクラウド開発を行うエンジニアに向けて実施されています。難易度は「ベーシック」「アソシエイト」「プロフェッショナル」の順に上がっていきます。

オラクルマスター

オラクルマスターとは、日本オラクルが実施するデータベースの管理・運用スキルを証明する資格です。データベースエンジニアに向けて実施されています。難易度は「Bronze」「Silver」「Gold」「Platinum」の順に上がっていきます。

シスコ技術者認定資格

シスコ技術者認定資格とは、コンピュータネットワーク機器開発の大手会社であるシスコシステムズ社が実施する資格です。主にネットワークエンジニアに向けて実施されています。難易度は「エントリー」「アソシエイト」「プロフェッショナル」「エキスパート」「アーキテクト」の順に上がっていきます。

4. 新卒におすすめのIT資格

最後に、職種を問わずIT業界で活躍したいと考える学生におすすめの資格をご紹介します。

マイクロソフト認定資格(Office系)

マイクロソフト認定資格の中でもOffice系の試験は、Word、Excel、PowerPointなどのOffice製品の操作スキルを証明できます。IT業界に限らず、あらゆる業界・職種の様々な業務において求められる基本的なスキルです。しかし、近年スマホ・タブレットしか使ってこなかったという学生が多いため、企業は教育コストに悩まされることも少なくありません。

したがって、特に事務や営業職を目指している人にとっては、企業がそのコストを削減できるというアピールポイントになります。

ITパスポート

ITパスポートは難易度が低いため、IT業界で働きたい人にとっては、それだけで評価されることはありません。しかしながら、その後さらに上位の資格を取得するための基礎的な知識が身に付くという点においてはメリットがあります。また、IT業界以外を志望している学生の場合、ITパスポートでも十分なアピールポイントになります。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、比較的難易度が高いと言われています。しかし、実は社会人よりも学生の方が合格率が高いというデータがあります。学生は勉強時間を確保しやすい、大学で情報技術に関する勉強をすでにしている、などが理由として挙げられます。したがって、学生であることをかえってチャンスであると捉えてぜひ挑戦しましょう。

5. まとめ

IT業界には国家資格やベンダー資格などさまざまな資格が存在します。資格を取得することで、スキルの習得や就職・転職に有利になるなどのメリットがあります。独学で身につけたスキルの確認にもなるので、学生のうちに自分の知識・スキルに見合った資格を取得しておくことをおすすめします。

ITエンジニアを目指す新卒学生向け就活エージェントならレバテックルーキー

レバテックルーキーは、レバテックが運営するITエンジニア専門の就活エージェントです。多数のITエンジニアのキャリア支援経験のあるアドバイザーが、あなたのスキルと希望に合わせた企業の紹介から、人事目線での面接対策など、就職までを一貫してサポートします。ES添削、面接対策、ポートフォリオ作成サポートなども実施していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

就活アドバイザーに相談してみる