就活を有利に進めるために|プログラミングスキルを活かせる職種や新卒向けの就職先を紹介プログラミングスキルを活かせる就職先は?新卒向けに徹底解説

最終更新日:2021年9月15日

プログラミングは公立小学校で必修化されるなど、現代社会において非常に注目を集めているスキルです。しかしその一方で、IT人材不足は年々深刻化しており、経済産業省の調査によると2030年にはITエンジニアが約79万人不足すると予想されています。このように、ITエンジニアの需要が高まる中、学生のうちにプログラミングスキルを身につけておくことは非常に有用だと言えるでしょう。それでは、プログラミングスキルを活かせる就職先にはどのようなところがあるのでしょうか?
この記事では、プログラミングスキルが活かせる職種や就職先、学生向けの学習方法などについて解説します。

1. プログラミングスキルを活かせる職種と就職先

まず、プログラミングスキルを活かせる代表的な職種と、新卒向けの就職先について解説します。

プログラミングスキルを活かせる代表的な職種

プログラマー

プログラマーは、プログラミング言語を記述することにより、コンピュータに指示を出しプログラムを動かします。その分類は多岐にわたりますが、以下では開発されるソフトウェアで分類した代表的なプログラマー3種類について解説します。

Web
Web開発を行うプログラマーは、WebサイトやWebサービスなどのシステム開発を中心に行います。具体的には、企業のポータルサイトやECサイト・SNSなど、Web上のさまざまなシステムを作ります。
Web開発を行うプログラマーは担当する部分で大きく2種類に分けられ、UIの開発担当をフロントエンド、データベースとの連携や決済などサービスの裏側部分の担当をサーバーサイドと呼びます。
各担当でよく使うプログラミング言語は以下の通りです。
 

  • ・フロントサイド:HTML・CSS ・JavaScriptなど

    ・サーバーサイド:PHP・Java・Ruby・Pythonなど


基幹システム
基幹システムを開発するプログラマーの多くは、SIerと言われるIT企業に属し、比較的大規模な顧客の業務システムや基幹システムを開発します。これらのシステム開発には信頼性や性能が重要視されるため、多くのITエンジニアで役割分担して進めることが必要です。プログラマーは全体を担当するシステムエンジニアなどと協力しながら、システムの構築・テストを行います。
よく使う言語は、Java・C#・C++などです。

組み込み系ソフトウェア
組み込み系ソフトウェアを開発するプログラマーは、主にパソコンやスマホなどの電子機器や、テレビやエアコンなどの家電製品を制御するためのプログラムの開発を行います。最近ではインターネットやセンサー技術の発達により、冷蔵庫などの生活必需品からスマホなどの最先端デバイスまで、さまざまな機器に組み込みシステムが必要とされるため、需要が高くなっています。センサー技術やAIなどの進化により、今後もこの傾向は続くと考えられます。
よく使う言語は、C・C++・C#・Javaなどです。

システムエンジニア

システム開発には通常、設計・構築・テストの工程があります。システムエンジニアは主に設計やテスト工程において顧客との対話を行い、同時にシステムの全体をまとめる重要な役割があります。構築工程を行うのはプログラマーですが、プログラマーを経てシステムエンジニアへとキャリアアップするケースが多いため、プログラミングスキルも役立ちます。

社内SE

社内SEは、一般的な事業会社である非IT企業の情報システム部門に所属するシステムエンジニアのことです。企業の経営戦略を実現するために、業務の効率化やコミュニケーションの円滑化をITで行います。システム開発の企画力からプログラミングスキルまで、幅広いITスキルが求められます。

新卒では、最初はプログラマーとしてキャリアをスタートするケースが多く、その後システムエンジニアやさらに上位の職種にキャリアアップしていきます。

冒頭でもご紹介したとおり、経済産業省委のIT人材需給に関する調査(※)では、今後もIT人材の需要は増え続け、需給のギャップは2030年に最大で79万人に達すると予想されています。
したがって、IT人材のベーススキルとなるプログラミングは今後も非常に役に立つスキルであり、学生のうちから取り組むことをおすすめします。

※参考:経済産業省「IT人材需給に関する調査」p31より

新卒向け | 代表的な就職先

Web系企業

Web系企業は、大手通販サイトや検索サイトなどを運営する企業が代表的です。自社のWebサイトを中心に常にシステム開発を行っており、プロラグラミングスキルを持った人材は非常に重宝されます。Web系システムの開発では最新の技術が使われる場合が多いため、「新しい技術にチャレンジし続けたい」という向上心がある人には向いているでしょう。
なお、Web系企業では、新卒でも選考時にプログラミングの経験値を重要視する傾向があります。授業やインターンなどでのプログラミング経験を、就活時にアピールできるようにしておきましょう。

SIer

SIerとは、システムインテグレーション(システム開発)を行うIT企業のことです。主に金融・流通・製造業などの民間企業や自治体の大規模な顧客のシステムを開発します。
パソコンなどの製造を手掛ける大手メーカー系SIerや、系列を持たない独立系SIerなど、いくつかの種類のSIerが存在します。SIerには多くのプログラマーやシステムエンジニアが所属しており、昨今のIT人材の需要の高さから、新卒の採用数も多いと言ってよいでしょう。また、教育制度が充実しており、未経験者の求人もあることが特長です。

非IT企業の情報システム部門

IT関連の企業ではなく、一般的な事業を行う企業の情報システム部門のことを指します。自社の経営戦略をITシステムによる効率化などで実現するミッションを持っています。今後はシステム開発をSIerなどの外部に委託するのではなく、自社の情報システム部門で行うことが多くなると考えられており、新卒採用も増加傾向にあります。

2. 学生向け | プログラミングを勉強する方法

最後に、学生におすすめのプログラミング勉強法を紹介します。

書籍や学習サイトを利用する

参考書などの書籍や学習サイトを利用することで、プログラミングの基礎や知識を学ぶことができます。著名な学習サイトの「Schoo」や「Progate」は基礎的な知識・スキルを身に付けるには最適です。「Udemy」は 多くのオンラインコースがあり、プログラミングに限らずWebデザインなど幅広く学べる点が特徴です。

書籍や学習サイトでの学習は、安価で気軽に始めることができるのがメリットです。ただし、疑問点を自力で解決したり、スケジュールを自己管理したりする必要があるため、最後までやりきる強い意思が必要です。未経験で独学に不安がある人は、スクールの活用も検討するとよいでしょう。

プログラミングスクールを活用する

プログラミングスクールにはさまざまなカリキュラムが用意されており、早く確実にプログラミングスキルを身に付けたい人にはおすすめです。疑問点も現役エンジニアなどのプロの講師にその場で質問することができるため、スムーズに学習を進められるでしょう。

独学に比べて費用はかなりかかりますが、ITエンジニアを目指す人にとって確実にスキルが身につく点は大きなメリットなため、将来的な投資と捉えてぜひ検討してみてください。

3. まとめ

IT業界は成長している業界であり、プログラマーやSEなど、プログラミングスキルを持った学生のニーズは高いです。今後もITエンジニアの需要は続く見込みで、将来的には深刻な人手不足に陥ると予想されています。そのため、IT業界を目指す場合、ベースの技術であるプログラミングを学ぶことは非常に重要だといえます。新卒でスキルを身につけることで、キャリアアップや就職先の選択肢も増えるでしょう。

ITエンジニアを目指す新卒学生向け就活エージェントならレバテックルーキー

レバテックルーキーは、レバテックが運営するITエンジニア専門の就活エージェントです。多数のITエンジニアのキャリア支援経験のあるアドバイザーが、あなたのスキルと希望に合わせた企業の紹介から、人事目線での面接対策など、就職までを一貫してサポートします。ES添削、面接対策、ポートフォリオ作成サポートなども実施していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

就活アドバイザーに相談してみる