新卒でITエンジニアを目指す方へ!将来、年収アップを目指す方法やキャリアパスなどをご紹介ITエンジニアの年収は?新卒向けに職種別の平均年収を解説

最終更新日:2021年6月4日

ITエンジニアは需要が高く人気のある職種です。ITエンジニアを目指して、これから就職活動を始めるという学生さんも多いと思います。専門的なスキルが求められるため「エンジニアは高給」というイメージがあるかもしれませんが、実際の年収はどれくらいなのでしょうか?また、将来性はあるのでしょうか?
本記事では、ITエンジニアとしての就職を目指す学生向けに、ITエンジニアの仕事内容、職種やスキルレベルごとの年収、年収アップに効果的な方法などについて解説します。

ITエンジニアとは

まず、ITエンジニアの概要と仕事内容について解説します。
ITエンジニアは、IT技術を使ってコンピュータハードウェアやソフトウェアにより、企業や自治体などのシステムを設計、開発、運用する技術者の総称です。

業務内容によってさまざまな職種に分けられ、年収にも違いがあります。システムエンジニアやプログラマーが代表的で、より上位の職種にはプロジェクトマネージャー、ITコンサルタントなどがあります。

ITエンジニアの仕事内容

システムエンジニアやプログラマーなど複数の職種で協力しながら、プロジェクトチームでシステム開発を行います。

具体的には、顧客からシステム化に関する要件を聞き出し、要件定義としてまとめ、プログラミングにより開発を行います。その後テストなどを経て、システムが完成します。これら一連のシステム開発がITエンジニアの仕事ですが、それぞれの工程を異なる職種のエンジニアが担当するのが一般的です。

新卒では、まずはプログラマーとしてシステム開発プロジェクトに関わり、徐々にITエンジニアのキャリアを積んでいくことが多いでしょう。

ITエンジニアの年収

次に、経済産業省のIT関連産業の給与等に関する実態調査結果(※)を元に、ITエンジニアの職種別とスキル別で、概要・年収について解説します。

※参考:経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果(アーカイブ先:国立国会図書館)」p.6,7より

ITエンジニアの職種別の概要と年収

システムエンジニア・プログラマー(顧客向けシステムの開発)

システムエンジニア・プログラマーは、開発対象がソフトウェア製品や顧客向けシステムなど、いくつかのジャンルがありますが、ここでは顧客向けシステムの開発を行うシステムエンジニア・プログラマーを対象とします。

システムエンジニアは、主に顧客とのシステム化に関する要望を反映した要件定義や設計、顧客の要望通りにできているかを確認するテスト工程などに携わります。システムエンジニアが作成した設計書を元に、プログラミングによりシステム構築を行うのがプログラマーです。多くのITエンジニアがこれらの職種に該当し、平均年収は593.7万円となっています。

なお、新卒ではプログラマーとして配属されることが多く、レバテックキャリアで掲載の募集情報では平均年収は約250万円~300万円程度です。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、開発プロジェクトのリーダーとして全体の管理を行う責任者です。システム開発に加えて、プロジェクトの費用や損益などのお金の管理、プロジェクトメンバーの人事管理など、プロジェクトに関するすべての責任を負います。

ITシステムに関する幅広い知識や経験だけでなく、優れたマネジメント能力や責任感が求められますが、システム開発プロジェクトの成否にも関わる重要な役割を担うため、その分高収入が期待できるでしょう。平均年収は891.5万円です。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、顧客の経営やITの課題を分析した後、最適なITシステムを選択し、導入・開発を行います。目的はシステムを開発することではなく、顧客の経営などの課題をITで解決することです。

したがって、ITに関する知識・スキルはもちろんのこと、顧客の経営課題に関する考察力や分析力も求められます。常に新しい知識やスキルの習得が必要とされ仕事もハードですが、その分高収入で中には年収1,000万円を超える人も多いです。平均年収は928.5万円となっています。

ITエンジニアのスキルレベル別の年収

経済産業省の「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると(※)、ITエンジニアの知識や経験などのスキルは1~7のスキル標準レベルに分けられ、新人・中堅・リーダーなどステップアップに応じてレベルと平均年収が上がります。スキル標準レベルごとの平均年収を以下に示します。
 

  • レベル1 : 新人・初級者レベル/仕事に慣れ始めたレベル 平均年収437.8万円

    レベル2 : 上位者の指導のもとに仕事ができる若手人材レベル 平均年収499.2万円

    レベル3 : 独立して仕事ができる中堅人材レベル 平均年収576.0万円

    レベル4 : 部下を指導できるチームリーダーレベル 平均年収726.1万円

    レベル5 : 社内での指導者・幹部レベル 平均年収937.8万円

    レベル6 : 国内で著名なレベル 平均年収937.8万円

    レベル7 : 国際的に著名なレベル 平均年収1129.9万円


この中で、レベル1~3がシステムエンジニア・プログラマー、レベル4~5がプロジェクトマネージャー、ITコンサルタントに該当すると考えてよいでしょう。レベル4以上になると平均年収の上昇幅が大きくなります。
新卒はレベル1に該当し、平均年収は前述の通りです。

※参考:経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」p.7より

年収アップのためにすべきこと

最後に、年収をアップさせるために、やるべきことについて解説します。

明確なキャリアプランを持つ

ITエンジニアにはいくつかのキャリアパスがあり、経験やスキルを積むにつれて年収も上がっていきます。新卒ではまずプログラマーからスタートし、その後はシステムエンジニア、プロジェクトマネージャー、ITコンサルタントといったルートでキャリアアップしていくのが一般的でしょう。

これ以外にも、インフラエンジニアや、最近ニーズが高まっているAIエンジニアやデータサイエンティストなどの職種もあります。年収アップを目指すなら、まずは自身の目標やビジョンを明確にしてキャリアプランを立て、それに沿って経験を積んでいくことが重要です。

最新の技術スキルを身につける

IT技術はトレンドの変化が非常に早いため、必要とされる職種やスキルも日々変わっていきます。特に近年需要が高まっているのが、最新技術を駆使するAIエンジニアやデータサイエンティスト、クラウドエンジニアなどです。
こういった新しく高度な技術に対応できる職種は年収も高い傾向にあります。最新の技術を身に付けることによって、キャリアの選択肢が広がり、年収アップも期待できるでしょう。

マネジメントスキルを上げる

プロジェクトマネージャーやITコンサルタントなど、マネジメントを行う職種は年収が高い傾向にあります。また、経済産業省のIT関連産業の給与等に関する実態調査結果(※)には、マネジメントスキルがIT人材の給与決定に大きな影響を与えていると記述されています。

マネジメントスキルのベースはコミュニケーションスキルでもあります。新卒で入社後は日頃の会話を欠かさず、コミュニケーションスキルを磨きながら徐々にマネジメント力を身に付けていきましょう。

※参考:経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果(アーカイブ先:国立国会図書館)」p.15より

4. まとめ

ITエンジニアは需要が高く、学生にも人気のある職業です。年収も職種によっては全職種の平均よりも高いものもあり、キャリアアップをすることにより年収をアップすることも可能す。AIやクラウドなど、最新の技術に関するスキルを身に着けたり、マネジメントスキルを向上したりすることで、年収アップにつながるでしょう。

ITエンジニアを目指す新卒学生向け就活エージェントならレバテックルーキー

レバテックルーキーは、レバテックが運営するITエンジニア専門の就活エージェントです。多数のITエンジニアのキャリア支援経験のあるアドバイザーが、あなたのスキルと希望に合わせた企業の紹介から、人事目線での面接対策など、就職までを一貫してサポートします。ES添削、面接対策、ポートフォリオ作成サポートなども実施していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

就活アドバイザーに相談してみる