5つのプログラマーの種類とよく使用されるプログラミング言語を徹底解説IT業界志望の学生必見!プログラマーの種類と仕事内容について

最終更新日:2021年9月15日

近年では、IT業界の発展に伴い、プログラマーを志望する大学生・大学院生が増え続けています。ログラマーには複数の仕事が存在し、それぞれ仕事内容や年収などが異なることをご存知でしょうか。ここでは、プログラマーの種類、プログラマーに求められるスキル3選、プログラマーがよく使用するプログラミング言語5選、そしてプログラマーとして働くメリット・デメリットについて解説します。

1. プログラマーの種類

まず、プログラマーの種類について解説します。それぞれの平均年収はレバテックキャリアに掲載されている募集情報を参考にしています。なお、新卒の場合、平均年収はどれも約250〜300万円です。

Webプログラマー

Webプログラマーとは、主にWebサイト・システムの開発を行うプログラマーです。システムエンジニアが作成した仕様書に沿って、実際のプログラミングを担当します。例えば、私たちが日頃利用しているAmazonなどのECサイトやSNSは、Webプログラマーによって作成されたプログラムにより作動しています。平均年収は、約400~500万円ほどです。

スマートフォンアプリプログラマー

スマートフォンアプリプログラマーとは、スマートフォンにインストールされるアプリケーションのプログラミングを行うプログラマーです。PC用サイトやソフトのスマホアプリケーション化が進んでいるため、益々需要が高まっている職種であると言われています。平均年収は、約400~500万円ほどです。

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーとは、その名前の通りゲームを開発するプログラマーです。通常のシステム・アプリケーション開発と比較すると、ゲーム開発はキャラクターの動きやゲーム内の環境の変化などに応じた設計・実装も行うことになります。したがって、より専門的な知識が必要です。平均年収は、約450~550万円ほどです。

組み込み系システムプログラマー

組み込み系システムプログラマーとは、家電商品などに組み込まれているプログラムを開発するプログラマーです。具体的には、デジタルカメラ、炊飯器、エアコンなどがユーザーの指示通りに動くように開発を行います。平均年収は、約500~600万円ほどです。

汎用系システムプログラマー

汎用系システムプログラマーとは、大企業の基幹システムや金融機関における顧客のデータベースなど、大量のデータを扱う大規模システムを開発するプログラマーです。平均年収は、約500~600万円ほどです。

2. プログラマーに求められるスキル

次に、プログラマーに求められるスキルについて解説します。

プログラミングスキル

全てのプログラマー職がまず身につけなければならないスキルがプログラミングです。プログラミングとは、コンピューターに特定の動作をさせる指示を出す行為を指します。その指示はプログラミング言語というコンピューターが理解できる言語で記述され、そのまとまりをプログラムと呼びます。具体的にどの言語を勉強するべきかについては次章で解説します。

論理的思考力

コンピューターは人間のように抽象的な概念を理解することができません。指示された通りにしか動作できないため、一文字でもそのプログラムにミスがあった場合にはバグが発生してしまいます。したがって、プログラマーは感覚に頼らず、論理的思考力を活かして仕事を進める必要があります。この能力は、他のエンジニアが作成した制作物の企画書などを正確に理解する上でも重要です。

コミュニケーション能力

プログラマーは決してコンピューターとのみ仕事をするわけではありません。プロジェクトを共に担うチームメンバーなどとのスムーズなやり取りも業務上不可欠です。したがって、プログラマーにとって高いコミュニケーションスキルも重要であるといえます。

3. プログラマーがよく使用するプログラミング言語

職種によって使用する言語は異なりますが、その中でも特に汎用性が高く、需要が高いプログラミング言語を5つ紹介します。

PHP

PHPとは、Webサービスの開発にに特化したサーバーサイドのプログラミング言語です。開発案件が多く、Webサイト開発に携わりたい場合は、HTML・CSSと合わせて勉強することをおすすめします。「ぐるなび」のようなWebサイトや「WordPress」のようなCMSなども、PHPを使用し開発されています。

Java

Javaとは、Google三大言語の一つに数えられる、世界で最もよく使用されているプログラミング言語の一つです。主にAndroidアプリや大規模な基幹システム開発に用いられ、非常に高い汎用性を誇っている反面、習得難易度はやや高くなっています。

C#

C#とは、Microsoftによって開発された、Windows向けアプリケーションやゲームの開発に用いられる言語です。派生元の言語であるC言語と比較すると難易度は低いものの、全体的にはやや高い位置に属しています。

Ruby

Rubyとは、日本人によって開発されたWebサービスの開発に向いているスクリプト言語です。日本語の参考書も数多く存在し、難易度も比較的易しいため初心者におすすめの言語であるといえます。

JavaScript

JavaScriptとは、Webサイトの90%以上に使用されていると言われるほど有名なプログラミング言語です。Webブラウザ・サービスの開発に幅広く使用することができるため、HTML・CSSと合わせて初心者が最初に勉強する言語としておすすめであるといえます。

4. プログラマーとして働くメリット・デメリット

最後に、プログラマーとして働くメリット・デメリットについて解説します。

メリット

需要が高い職業であるため、転職や独立などがしやすい

経済産業省が2019年に発表した「IT人材需給に関する調査」(※)によると、今後日本のIT人材不足は益々深刻化し、2030年には最大で約79万人不足すると発表されました。したがって、プログラマーは非常に需要が高い職業であるため、転職や独立などに有利になりやすいと言われています。

※参考:みずほ情報総研株式会社「IT 人材需給に関する調査」p.5より

自由な働き方がしやすい(リモートワーク、フレックスタイム制など)

プログラマーなどのエンジニア職は、比較的自由な働き方ができると言われています。その例として、リモートワークやフレックスタイム制などが挙げられます。リモートワークとは、オフィスなど指定された場所で働くのではなく、従業員が自由に働く場所を選べるという制度です。またフレックスタイム制とは、従業員が始業と終業の時間を自由に決められる制度のことを指します。

デメリット

勉強し続ける必要がある

プログラマーが活躍するIT業界は、技術の流行り廃りのサイクルが非常に速いです。次々と新しいテクノロジーが生み出されているため、一度身に付けた技術で長期的に働けるということではなく、勉強をし続けなければなりません。

繁忙期は労働時間が長いことがある

プログラマーの仕事には、制作物をいつまでに提出しなければならないという納期が必ず存在します。納期の直前になると、期限に間に合わせるため、また急な変更に対応するために仕事が急激に忙しくなる可能性があります。場合によっては、残業を強いられることもあるでしょう。

5. まとめ

プログラマーは、担当する領域によってWebプログラマーやゲームプログラマー、汎用系プログラマーなど複数の種類に分かれます。共通して求められる知識・スキルだけでなく、自分の志望する領域のプログラマーに求められる知識・スキルを身につけることで、就職活動を有利に進めることができるでしょう。

ITエンジニアを目指す新卒学生向け就活エージェントならレバテックルーキー

レバテックルーキーは、レバテックが運営するITエンジニア専門の就活エージェントです。多数のITエンジニアのキャリア支援経験のあるアドバイザーが、あなたのスキルと希望に合わせた企業の紹介から、人事目線での面接対策など、就職までを一貫してサポートします。ES添削、面接対策、ポートフォリオ作成サポートなども実施していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

就活アドバイザーに相談してみる