インフラエンジニアを目指す学生へ!就職を勝ち取るための志望動機を書く際のポイントについて解説新卒向け | インフラエンジニアの志望動機の書き方

最終更新日:2021年6月4日

近年、社会のあらゆるところでITの活用が進んでおり、ITシステムの開発でベースとなるITインフラの構築を行うインフラエンジニアの需要はますます高まっています。しかし、やりがいのある仕事として学生からの人気も高いため、就職活動の際には志望動機を明確にして、しっかりと自分の熱意をアピールすることが大切です。ここでは、インフラエンジニアを目指す学生向けに、仕事内容や必要とされる知識・スキル、魅力的な志望動機を書くためのポイントについて、例文を交えて詳しく解説していきます。

1. インフラエンジニアとは

まず、インフラエンジニアの概要と仕事内容、求められる知識・スキルについて解説します。

インフラとは、インフラストラクチャー(infrastructure)の略で、日本語では「基盤」「土台」などを意味します。
システム開発を行う際に、サービスを提供するアプリケーションを動作させるためには、まずサーバーなどのコンピュータやOS、ミドルウェアなどが必要になります。これらをインフラといい、これを構築するのがインフラエンジニアです。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの仕事内容は、インフラの設計、構築、運用・保守を行うことです。

設計

まず顧客の要望がまとめられた要件定義書を元に、インフラの設計を行います。システムのインフラに必要となる性能や容量などを見積り、サーバーやストレージなどのハードウェア、OSやデータベースなどのミドルウェアを選択し、構成や配置などの設計を行います。

構築

Amazon Web ServiceやMicrosoft Azure、Google Cloud Platformなどを用いて、設計書通りのハードウェア・ミドルウェアの環境を構築します。その後、各種パラメーターの設定などを行い、最後に動作確認や性能テストなどを行います。

運用・保守

構築後は、システムが正常に動作しているかを監視し、トラブル発生時には復旧を行います。また、ハードウェアの定期的な保守作業などにも対応します。

新卒では、初歩的な業務である運用監視などから任せられることが多いでしょう。

インフラエンジニアに求められる知識・スキル

インフラエンジニアには、サーバーやストレージなどのハードウェアやOS、ミドルウェアに関する知識はもちろんのこと、セキュリティやクラウドについてなど幅広い知識とスキルが求められます。
新卒では、まずハードウェアやOS、ミドルウェアの基礎的な知識を中心に習得するとよいでしょう。

なお、ネットワークもインフラエンジニアの仕事の一部とされる場合もありますが、ここでは別とします。ネットワークはハードウェアやソフトウェアとは仕組みなどが異なり、ネットワークに関しての専門的な知識・スキルが必要になります。

2. インフラエンジニアの志望動機を書く際のポイント

次に、インフラエンジニアの志望動機を書く際の、基本的な書き方とポイントについて、例文を含めて解説します。

志望動機の基本的な書き方

インフラエンジニアへの志望理由を明確に示す

まずは「インフラエンジニアを目指したい」と思った理由を明確にすることが重要です。
ITエンジニアにはプログラマーやシステムエンジニア、プロジェクトマネージャーなど多くの職種があります。その中から、なぜインフラエンジニアを目指したいと考えたのかは大きなポイントです。興味を持ったきっかけやこれまでの経験を交えながら、自分なりのシナリオを考えて記述してみましょう。

応募する企業を選んだ理由を明確に示す

数ある会社の中からなぜその会社を選んで応募したのかも、しっかりと伝えることができると好印象です。

企業にはそれぞれ「ある特定の分野に強い」「大規模なプロジェクトに携われる」といった、さまざまな強みがあります。応募する企業のことをしっかりと研究したうえで志望動機を書くことが必要です。実際に自身が企業の製品やサービスを利用したことがあれば、その経験や魅力などを交えるとよいでしょう。

入社後に目指すことを示す

どのようなインフラエンジニアになりたいのか・どのような仕事をしたいのかなど、実際に働き始めた時のイメージを明確にしましょう。例えば「公共施設などを管理するインフラシステムに携わりたい」「社会に貢献できる大きなプロジェクトの設計者として関わりたい」などが挙げられます。入社後の目標を具体的に伝えることで、熱意が採用担当者にも伝わるはずです。

自己アピール

新卒では基本的に実務経験がないので、アルバイトやサークル活動など学生時代に取り組んだことを自身の経験としてアピールしましょう。その際、重要なのは経験そのものではなく、「その経験から何を得たのか」「どのように仕事に活かせるのか」というアピールです。入社後の活躍をイメージして、自信を持って伝えましょう。

また、「インフラ関連の資格の取得に向けて勉強している」「スクールに通って知識を習得している」など、インフラエンジニアになるために現状で努力していることがあれば、それもアピールできると効果的です。

書くべきポイント

入社への熱意を書く

応募企業にインフラエンジニアとしてぜひ入社したいという熱意をしっかりと伝えましょう。新卒では、将来性を見込んだポテンシャル採用が一般的なため、現時点の知識やスキルよりも仕事に対する熱意が重視されます。

「応募企業で社会に貢献のできる仕事がしたい」「社会の第4のインフラとも言われるITインフラに携わりたい」など、入社後の目標を明確に伝えましょう。

積極的に学ぶ姿勢・意欲について書く

インフラエンジニアの仕事はテクニカルな部分が多く、入社後は教育研修や資格の取得など、常に技術の向上が求められます。したがって、入社後は新しいことを積極的に学ぶ意欲をアピールできるとよいでしょう。また、インフラエンジニアが習得すべき知識やスキルは幅広く膨大です。一朝一夕に身につくものではなく、技術用語やコマンドなどをコツコツと覚えていく必要があります。日々着実に学び仕事に取り組むという姿勢も好印象を持たれます。

インフラエンジニアの志望動機の例文

私は、大学では工学部で情報系の学科に所属し、ITを専門で学んでおります。その中でIT業界にはさまざまな職種があることを知り、中でも社会全体のITを支える「インフラエンジニア」という職に興味を持ちました。システムの基盤を構築するというインフラエンジニアの仕事を知れば知るほど、重要な役割ということがわかり、ITエンジニアとして社会貢献をしたいと考えています。

御社は、御社は、人々の生活を支えている多くのシステムのインフラ構築/運用を中心に、規模の大きいプロジェクトを手掛けていらっしゃいます。このようなスケールの大きな仕事に携わりたく、御社にインフラエンジニアとして就職を希望致しました。入社後は着実に技術の習得を続け、最終的にはチームをまとめる責任者として大きなプロジェクトを推進したいと考えています。
現在は基本情報技術者の資格取得に向け、独学で勉強をしています。また、御社の開催するセミナーも大変興味深く、ネットで拝聴して知識を増やす努力をしています。

4. まとめ

ここでは志望動機のポイントや例文を紹介しました。実際に志望動機を書く際には、上述した内容に囚われすぎず、興味をもったきっかけや、意欲を自分の言葉でアピールするようにしましょう。また、それ以外にも、資格の取得や、成果物の提出などによって自分のスキルや熱意をアピールすることができます。

ITエンジニアを目指す新卒学生向け就活エージェントならレバテックルーキー

レバテックルーキーは、レバテックが運営するITエンジニア専門の就活エージェントです。多数のITエンジニアのキャリア支援経験のあるアドバイザーが、あなたのスキルと希望に合わせた企業の紹介から、人事目線での面接対策など、就職までを一貫してサポートします。ES添削、面接対策、ポートフォリオ作成サポートなども実施していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

就活アドバイザーに相談してみる