株式会社ジョブカン会計

【新卒】【2022年度卒】プログラマー職

初任給
19万円
勤務地
東京都

事業内容

株式会社ジョブカン会計は、事業主に対して会計ソフト等の提供を通し経営サポートを行っている会社です。主なクライアントは下記の3ジャンル。ソフトの開発から運用まで行っています。

<会計事務所>
事務所利用に特化したソフトを提供しています。キー操作だけで複数画面の確認や入力ができる操作性、集計および検索の圧倒的早さにこだわりをもって開発。多くの事務所が、より良い経営のために導入しています。

<個人事業主>
主に、確定申告をスムーズに行うためのソフトを提供しています。機能が充実している一方で、シンプルな設定と分かりやすい操作性が好評です。確定申告がはじめての方、買い替えを検討されている方、経営状況を明確に把握したい方などのお役に立っています。

<法人>
経理初心者でも、手軽に使用できるソフトを提供しています。操作性こだわったことで、スムーズな使用感を確立。リーズナブルな価格で展開しており、多くの事業主が導入しています。また、各種サポートも充実しています。

株式会社ジョブカン会計では、「BAN」(ビズソフトアドバイザーズネットワーク)という会員向けのパートナーシッププログラムを設けています。以下のオリジナルサービスを展開中です。

<BAN独自のサービス>
■オリジナル画面、帳票サービス
会計事務所のクライアント先の会計ソフトの画面に、当該会計事務所の名前が表示されます。
親近感を高めて距離を縮め、契約解除防止を図るサービスです。

■事務所のシステム費用を軽減
株式会社ジョブカン会計のクライアントである会計事務所は、年会費のみでBANに参加できます。
年会費には、ソフトウェアのサポートやバージョンアップ費用を含有。提供するソフトウェアは複数台のパソコンで運用でき、事務所内のライセンス数は無制限です。

■顧問先との連携による入力制限機能
Windowsアプリケーションで実現しているバージョンフリーのため、特別な通信手段やシステム投資がなくても顧問先とデータ共有ができます。
なお、顧問先にもプログラム、サポート、バージョンアップなどのサービスを提供。常に最新の状態で利用できるタイプの製品です。

社風

ビズソフト株式会社には、20歳代から50歳代まで、幅広いな年齢層のエンジニアが在籍しています。
共通しているのは、どのエンジニアもプログラミングを書くことが好きということ。「好き」を突き詰めて、「ものづくり」にこだわる方が多く在籍しているのが特徴です。

業務内容

主な業務は、会計系の自社パッケージソフトやクラウドサービス、人事・採用管理システムの企画/開発/保守運用/ECサイト構築等です。

<具体的な業務内容>
・ライブラリからのパッケージ開発(既存ライブラリは不使用/作り手のこだわりを反映する目的)

【仕事の特色】
<メリット>
・自社プロダクトなので、自分の商品が世の中に流通する嬉しさを実感しやすいです。
・想像からアイディアを出して、0から1をつくる楽しさがあります。
・人が決めた仕様ではなく、自分で考えたことを実現する機会があります。

この会社が取扱う技術

言語

Java

募集要項

募集職・職位
必須条件

<経験・スキル・知識>
・不問(完全未経験可)

<マインド>
・プログラミングが好きな方
・職人気質でものづくりに熱意のある方
・なにかにこだわりを持って取り組める方

業界
  • IT・通信
  • インターネット/ソフトウェア
想定年収

304万円~ (給与形態:月給)

■賞与・昇給
賞与:年2回
昇給:年2回

■給与・評価等備考
・給与:同社規定により支給いたします。

■手当
通勤手当(上限3万円/月)、時間外勤務手当

予定勤務地
全国
就業時間
09:00~17:45 
年間休日
123日
服装
私服
福利厚生

健康保険 / 厚生年金 / 雇用保険 / 労災保険 / 通勤手当 / 残業手当 / 慶弔休暇 / 年末年始 / 夏季休暇 / 有給休暇

■備考
<社会保険>
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

<休日/休暇>
完全週休2日制(土曜日・日曜日・祝日)

企業情報

設立年月日
2002年03月19日
代表者
代表取締役 CEO 宮川 浩嗣
資本金
4,250万円
従業員情報

総数

41名

本社所在地

所在地

東京都新宿区北新宿2丁目21番1号新宿フロントタワー30F

キャリアアドバイザーからのおすすめポイント

【充実のキャリアパス】
入社当初はプログラマとして開発に従事し、経験を積みます。
その後、3年・5年とスキルと経験を身に付けた後は、本人の希望と会社の需要によって、多彩なキャリアパスを歩むことが可能です。マネジメントを経験し、そのキャリアパスの先に子会社の社長になった方も実際にいます。

【会計の知識も身につく環境】
エンジニアとして働く上では、特別なお金の知識やビジネスを経営する上での法律上の制約を必ずしも知っている必要はありません。しかし、いずれマネジメントや他の職種にステップアップすることを見据えると、会計ソフトを開発する中で「自然と」身に付く会計知識や法務知識が生きる場面が多数あります。

キャリアアドバイザー

あなたにおすすめの企業